夏でも美白をキープするために摂りたい食材

夏になると強い日差しにさらされて、お肌が真っ黒に日焼けしてしまうということがありますよね。

さらに、この紫外線の怖いところは、肌表面を黒くするだけではなく、内側にまで達して将来のお肌に影響するということです。

今受けた紫外線が、数年後のシミやシワとして現れてくる可能性は非常に高いのです。

そこで実践してきたいのが美白ケアですね。

化粧品でお肌の表面から働きかけることも大切ですが、忘れてはならないのがインナーケアです。

美白のためには、どのような食べ物を摂取していけば良いのでしょうか?

まず挙げられるのが、ニンジンです。

ニンジンにはβカロテンが豊富に含まれます。

この効果により、シミが薄くなるということが言われているのです。

特に皮部分には、このβカロテンが豊富なので、皮ごとジュースにしたり、茹でたり炒めたりしながら摂取していきましょう。

それから、様々な美容面での効果が知られているトマト。

これには抗酸化力があることが分かっています。

トマトの赤い色素であるリコピンには、ニンジンに含まれるβカロテンの約2倍以上もの抗酸化力があると言われているのです。

これを夜のうちに食べれば、朝までにしっかりお肌に届き、翌日の日焼けによる影響を最小限に抑えてくれると言われています。

また、キウイフルーツも美味しく美白ができる魅力的な食材です。

ビタミンCやEが豊富に含まれているので、これは1日にたったの1個食べるだけでも、肌が明るくみずみずしくなる効果が期待できると言われています。

皮の部分にも美容と健康に役立つ成分が含まれるので、よく洗って皮ごと豪快にかじりましょう!

食材に限らず、お茶などにも美白の効果は期待できます。

特に美白に効果的なのが、ハトムギ茶です。

味にもクセが無いので、夏の喉が渇いた時にガブガブ飲んでしまうと良いでしょう。

このようなインナーケアをしっかり行いながら紫外線対策を行うことで、今のお肌と、将来の美肌を守りましょう!

このブログ記事について

このページは、matsuyamaが2015年11月24日 13:39に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「既に出来てしまったシミを周りの物を使って消す方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。